logo

ミクニヤナイハラプロジェクト

Show all photos Show less photos

About the artist

1997年にディレクター集団・ニブロールを設立して以来11年間、代表/振付家として活動してきた矢内原美邦が、「演劇作品」を製作することを目的に立ち上げたソロプロジェクト。

些細にみえる日常を大胆に切り取りスケッチした物語群の中に、ノスタルジーを喚起する往年の日本アニメへのオマージュや自らが作詞する淡い青春ラブソングを織り交ぜ、意識的に「演劇的」でありながらも、様式に束縛されない手法が注目を集める。その圧倒的な情報量と運動量で知られる舞台では、劇画的にデフォルメされた自己中心的なキャラクターたちが、言葉と体をダンスするかのごとく高速回転させ、ドライブ感に溢れた魅力が生まれる。

2005年 吉祥寺シアターこけら落とし公演として『3年2組』発表。
2007年 ソロダンス作品『さよなら』で第一回日本ダンスフォーラム賞を受賞。
2008年 『3年2組』で愛知県芸術劇場演劇フェスティバル出場。
2008年 『青ノ鳥』で第52回岸田國士戯曲賞最終候補作品ノミネート、
2009年 NHKシアターコレクションに出場。
2012年 『前向き!タイモン』で第56回岸田國士戯曲賞受賞。
2013年 『静かな一日』を吉祥寺シアターにて発表
2014年 『シーザーの戦略的な孤独』を吉祥寺シアターにて発表

<DVD> 編集:高橋啓祐、制作:スタジオニブロール、precog 
ミクニヤナイハラプロジェクト『3年2組』(2005年)
ミクニヤナイハラプロジェクト『青ノ鳥』(2007年)
ミクニヤナイハラプロジェクト『五人姉妹』(2009年)
ミクニヤナイハラプロジェクト『前向き!タイモン』(2011年)

Loading Background Images...