logo

岡田利規 作・演出『God Bless Baseball』光州(韓国)

About the event

岡田利規が、韓国・光州に今年9月にオープンするアジアンアーツシアターのオープニングプログラムとして、『God Bless Baseball』を発表!

注目のダンサー・捩子ぴじん、劇団サンプルなどで活躍する野津あおい、実力派韓国人俳優の出演に加え、舞台美術に現代美術家の高嶺格、衣装にFAIFAIの藤谷香子、ドラマトゥルグに東葛スポーツの金山寿甲が参加。チェルフィッチュとはまったく異なる新鮮なメンバーでクリエーションを行います。

日韓共同制作である本作のモチーフは、日本と韓国の国民的スポーツである”野球”。両国の野球にまつわる物語はスポーツの枠を越え、日韓の背景に常に見え隠れするアメリカという大きな存在を浮かび上がらせます。初の韓国とのコラボレーション作品に、どうぞご期待ください!

- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - -

 日本には一八七三年、朝鮮半島には一九〇四年に伝わったとされている野球。以来一世紀以上経ちこのスポーツは、このふたつの国に完全に定着し、そこに生きる人びとに、その社会に、深くかかわっています。そんな野球にまつわるさまざまなシーンをつみかさねて、作品は進行します。野球のルールがあまりわかってない女子たち。子供時代の少年時代のトラウマで野球が嫌いになってしまった男性。なぜかそんな彼と結婚してしまった野球好きの女性。イチロー(のにせもの?)などなどが登場。野球にまつわる個人の、あるいは国民的な記憶。メジャーリーグで活躍する韓国人および日本人の選手たちのエピソードなどが描かれます。

 やがてこの物語は、アメリカという大きな存在に直面することを余儀なくされるでしょう。わたしたちふたつの国のどちらもに大きな影響を与えてきた国。いまもわたしたちにその影響力を行使し続けている国。わたしたちの「上」にいる、わたしたちの「背後」にいる、わたしたちの「中」にある、わたしたちと「共」にある、アメリカ。この大きな影響力と、現状のそれとは違う関係を結ぶことはできないものでしょうか?

岡田利規

- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - -

Ticket information

近日公開

Venue

Schedule

初演 2015年9月19日(土)、20日(日)

Credits

作・演出
岡田利規
翻訳
イ・ホンイ
出演
イ・ユンジェ、捩子ぴじん、ウィ・ソンヒ、野津あおい
舞台美術
高嶺格
衣装
藤谷香子(FAIFAI)
ドラマトゥルク
金山寿甲(東葛スポーツ)、イ・ホンイ
舞台監督
鈴木康郎
照明
木藤歩
音響
堤田祐史(WHITELIGHT)
映像
須藤崇規
制作
黄木多美子(プリコグ)
製作
チェルフィッチュ、プリコグ
共同製作
sia Culture Center - Asian Arts Theatre, Festival/Tokyo, Taipei Arts Festival
リサーチ・ワークショップサポート
Doosan Art Center
協力
城崎国際アートセンター、急な坂スタジオ、サンプル

Press release

Loading Background Images...