logo

ミクニヤナイハラプロジェクト vol.9『桜の園』フェスティバル/トーキョー公演

  • Events
  • 2014年11月13日17日
  • にしすがも創造舎

About the event

一本の老木をめぐる3つの物語。時代の転換点に浮かび上がる多様な思考。

 言語と身体の併走、ぶつかり合いに新たな演劇の芽を見出す実験場、ミクニヤナイハラプロジェクト。ダンスカンパニー、ニブロールの振付家でもあり、2012年『前向きタイモン』で岸田國士戯曲賞を受賞するなど、精力的に表現の場を開拓する主宰・矢内原美邦が、その新作の題材に選んだのは、チェーホフの名作『桜の園』だ。

 資本主義の台頭に揺れる貴族一家を描いた原作は、ここでは1本の老木をめぐる3つの物語となる。保護か、開発か、それとも——。観客は、にしすがも創造舎の敷地内で同時進行する物語を観劇した後、3者の話し合いに立ち会う。誰もが納得する答えはない。さまざまな論点が浮かび上がるなか、時は流れ、時代は動いていく。

Ticket information

前売一般3,500円(当日+500円)

http://www.festival-tokyo.jp/14/ticket

Venue

にしすがも創造舎

〒170-0001 東京都 豊島区西巣鴨4-9-1

Schedule

11/13(木)19:30開演
11/14(金)19:30開演
11/15(土)16:00開演★/19:30開演
11/16(日)16:00開演★/19:30開演
11/17(月)16:00開演★/19:30開演

Credits

作・演出
矢内原美邦
出演
笠木 泉、鈴木将一朗、光瀬指絵、山本圭祐、川田 希、川上友里、菊沢将憲、佐々木 至
映像
佐藤信介
美術
曽我部昌史
衣装
スズキタカユキ
製作
ミクニヤナイハラプロジェクト
共同製作・企画・主催
フェスティバル/トーキョー

Press release

Loading Background Images...