THEATRE for ALL

日付
2021年2月5日(金)〜
料金
無料・500円・1000円・1800円・3000円など(要会員登録)

視聴URL

THEATRE for ALL:https://theatreforall.net/

公式Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCzsRCarBK3EYXk9GZXLTL-g

内容紹介

「THEATRE for ALL(シアター フォー オール)」は、日本で初めて演劇・ダンス・映画・メディア芸術など様々な作品を、音声ガイド、バリアフリー字幕、手話通訳などの手法でバリアフリー対応、多言語翻訳に取り組むオンライン上の劇場です。新型コロナウイルスで外出困難となった方、障害や疾患がある方、子ども、母語が日本語以外の方、また、芸術に対して「難解さ」がバリアとなり馴染んでこられなかった方などに対して、開かれた劇場を目指しています。

作品の配信に加え、鑑賞者の鑑賞体験をより豊かにし、日常にインスピレーションを与えるラーニングプログラムの開発に力を入れています。 ▷THEATRE for ALL ラーニング

様々なアクセシビリティに対してリサーチ活動を行う「THEATRE for ALL LAB」を立ち上げ、障害当事者やその他様々な立場の視聴者、支援団体などと研究を重ねています。 ▷THEATRE for ALL LAB
 

サービス概要

◼︎サービス開始日 2021年2月5日(金)

◼︎料金(1作品あたり) 無料・500円・1000円・1800円・3000円など

◼︎提供プログラム 
現代演劇やコンテンポラリーダンスの上演映像、メディア芸術、映画、ドキュメンタリー番組

◇動画のアクセシビリティ対応
・バリアフリー日本語字幕/多言語字幕、日本語字幕/多言語字幕、音声ガイド、手話通訳、その他作家オリジナルのバリアフリーなど

◇ラーニングプログラム
・鑑賞のウォーミングアップとしての事前動画「2つのQ」シリーズ
・対話や表現活動を行う双方向を中心としたワークショップなど
・ファシリテータースクール

◼︎鑑賞方法
配信作品ページより鑑賞したい作品のチケットをご購入のうえご覧ください。(要会員登録)
 

クレジット

主催:文化庁 令和2年度戦略的芸術文化創造推進事業『文化芸術収益強化事業』バリアフリー型の動画配信プラットフォーム事業、株式会社precog

関連リンク