「瀬戸内国際芸術祭2016」参加作品の企画・制作

岡田利規×森山未來パフォーマンスプロジェクト『in a silent way』

  • CATEGORY
  • イベント形態|パフォーマンス
  • precogの業務|イベント/公演制作, 地域活性
  • 表現分野|ダンス, 演劇, 美術
  • 開催年|2016

precogのお仕事

ミッション

・直島という土地とベネッセハウス ミュージアムという特殊な空間ならではのサイトスペシフィックな体験を実現する。
・俳優でありダンサーの森山未來氏のスキル・魅力と岡田利規氏の作家性を最大限に活かした創作により未知の驚きを届ける。

工夫

・クライアントとなるイベント主催者と、キュレーターと、アーティストとの間に立ち、三者と協働しながら、創造性を担保しつつクリエーションを滞りなく進めるため、制作サポートをおこなった。
・俳優も観客も全員立ったまま、自由に動ける特殊な鑑賞スタイルをとったため、当日の運営が円滑に進むよう、本番に近い形のリハーサルを実施した。

成果

・岡田利規氏の作家性と場所の特性による化学反応を生じさせ、森山未來氏のカリスマ性を活かしつつもその新たな側面を提示する、観客の予想を越えた体験を作り出した。

プロジェクト概要

公益財団法人 福武財団主催、株式会社ベネッセホールディングス協賛による「瀬戸内国際芸術祭2016<夏会期>」参加プログラム。長谷川祐子氏のキュレーションのもと、岡田利規氏と俳優・ダンサーの森山未來氏がともに直島に滞在し、作品を創作、上演しました。船に乗って島を訪れ、船にも実験室にも見えるシリンダー状の空間に集った観客は、催眠術のように、詩の朗読のように、独裁者の演説のように語りかける一人の革命家の言葉に耳を傾け、それが自身の身体に浸透してくる時間を体験します。

日時:2016年8月23日(火)〜29日(月)
会場:ベネッセハウス ミュージアム
公式サイト:https://benesse-artsite.jp/in-a-silent-way.html

ギャラリー

アーカイブ

関連アーティスト

クレジット

共作:岡田利規、森山未來
キュレーター:長谷川祐子

舞台監督:夏目雅也
音響:中原楽(ルフトツーク)
衣裳:藤谷香子(FAIFAI)
演出助手:北村めい(四国学院大学)
音響助手:稲荷森健
衣裳協力:秀島史子、YUKI FUJISAWA
英語翻訳:アヤ・オガワ
英語ナレーション:荒尾日南子
プロダクションマネジメント:中村茜、黄木多美子、河村美帆香(precog)、岡村滝尾(オカムラ&カンパニー)

主催:公益財団法人 福武財団
協賛:株式会社ベネッセホールディングス
制作協力:株式会社precog