©宇壽山貴久子

岡田利規

公式サイト

https://chelfitsch.net/

1973年横浜生まれ、熊本在住。活動は従来の演劇の概念を覆すとみなされ国内外で注目される。
2005年『三月の5日間』で第49回岸田國士戯曲賞を受賞。同年7月『クーラー』で「TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2005ー次代を担う振付家の発掘ー」最終選考会に出場。
2007年デビュー小説集『わたしたちに許された特別な時間の終わり』を新潮社より発表、翌年第二回大江健三郎賞受賞。2012年より岸田國士戯曲賞の審査員を務める。2013年には初の演劇論集『遡行 変形していくための演劇論』、2014年には戯曲集『現在地』を河出書房新社より刊行。2016年よりドイツ有数の公立劇場ミュンヘン・カンマーシュピーレのレパートリー作品演出を4シーズンにわたって務め、2020年『The Vacuum Cleaner』が、ドイツの演劇祭「Theatertreffen」の“注目すべき10作品”に選出。2018年8月にはタイの小説家、ウティット・へーマムーンの原作を舞台化した『プラータナー:憑依のポートレート』をバンコクにて発表。12月にフェスティバル・ドートンヌ(パリ)にて上演。同作は2020年第27回読売演劇大賞 選考委員特別賞を受賞。

受賞歴
2005年 『三月の5日間』第49回岸田國士戯曲賞受賞
2006年 『クーラー』横浜文化賞文化・芸術奨励賞受賞
2007年 第56回神奈川文化賞・スポーツ賞文化賞未来賞受賞
2008年 『わたしたちに許された特別な時間の終わり』第二回大江健三郎賞受賞
2011年 『ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶』モントリオール(カナダ)の演劇批評家協会の批評家賞受賞
2020年 『The Vacuum Cleaner』がドイツの演劇祭「Theatertreffen」の“注目すべき10作品”に選出
2020年 『プラータナー:憑依のポートレート』第27回読売演劇大賞 選考委員特別賞受賞

出版物
2005年 戯曲『三月の5日間』(白水社)
2007年 小説『わたしたちに許された特別な時間の終わり』単行本(新潮社)
2009年 小説『わたしたちに許された特別な時間の終わり』文庫本(新潮社)
2010年 戯曲集『エンジョイ・アワー・フリータイム』(白水社)
2014年 戯曲集『現在地』(河出書房新社)
2017年 戯曲集『三月の5日間[リクリエイテッド版]』(白水社)
2020年 戯曲集『未練の幽霊と怪物 挫波/敦賀』(白水社)

関連リンク