「国東半島芸術祭」でのオリジナルアートツアーの企画・制作|飴屋法水『いりくちでくち』

  • CATEGORY
  • イベント形態|パフォーマンス, フェスティバル
  • precogの業務|イベント/公演制作, 地域活性
  • 表現分野|映像, 演劇
  • 開催年代|2014

precogのお仕事

ミッション

・国東半島に伝わる伝承文化に焦点をあてた物語を製作し、国東半島の同時代を再定義する。
・アートを通じて、国東半島の地域性や歴史を違う視点で見つめ、体験する機会を作る。

工夫

・国東半島に暮らす高校生らとともに、国東半島の「家」にフォーカスした作品を創作した。
・複数箇所を巡るバスツアーの設計・調整や芸術祭実行委員会との事前のコーディネートを担った。
・約2ヶ月間の滞在制作のためにアーティストやスタッフが滞在する環境の、整備をおこなった。

成果

・国東の人々にとって日常と思われていた暮らしや風景を、いま一度とらえ直すきっかけをもたらした。

プロジェクト概要

2014年11月に開催された「国東半島芸術祭」のパフォーマンスプロジェクトの一つとして、アートツアー『いりくちでくち』を上演しました。本作は、国東半島アートプロジェクト2012で上演された作品の、リメイク上演。「家」や「家族」をモチーフに、国東半島に伝わる神仏習合の逸話や習わしをベースにしながら、地域に流れる時間を追体験する12時間にも及ぶツアーを実施しました。

日程:2014年11月22日(土)〜24日(月)
会場:渓泉砂防ダム、三十仏、真玉海岸など

ギャラリー

メディア掲載情報

関連アーティスト

クレジット

出演:大分県立国東高等学校双国校の3年生の皆さま、くるみ、吉武蓮太郎、藤原裕也
映像出演:青柳いづみ、上野一二美、Sam Fuller、Tran Minh Thuan、Phan Quang Thieu、古田恒河、森秀映、涌井智仁、朝吹真理子
演出・文:飴屋法水
文:朝吹真理子
音:zAk
映像:田村友一郎、涌井智仁
舞台監督:大田和司
制作助手・小道具:西島亜紀
衣装・小道具:コロスケ
音響製作:東岳志
舞台スタッフ:金城恒次、白藤垂人、小駒豪
映像記録:河合宏樹
制作:株式会社precog
制作アシスタント:水野恵美、兵藤茉衣(precog)
スタッフ:吉原彩乃、古田恒河、小山冴子
協力:伊美周辺の地域住民の皆さま、岩戸寺周辺の地域住民の皆さま、来浦中村区周辺の皆さま、千燈寺周辺の地域住民の皆さま、真玉海岸周辺の地域住民の皆さま、大分県立国東高等学校双国校、うれしや、香々地青少年の家、ka na ta、大分県立高田高等学校、特定非営利活動法人みずき、道の駅くにみ、有限会社大地、有限会社テラオカタタミ、湯の里渓泉、青柳いづみ、今熊豪宏、園田豊稔、谷知英、中野伸哉、平岡寛二、吉武一久、吉武喜美子、吉田拓也、吉田真由美

主催:国東半島芸術祭実行委員会

国東半島芸術祭 総合ディレクター:山出淳也(NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事)
国東半島芸術祭 制作:NPO法人BEPPU PROJECT