アクセシビリティに特化したオンライン劇場の企画・運営

文化庁委託事業『THEATRE for ALL』

  • CATEGORY
  • イベント形態|オンライン配信, トーク・シンポジウム, ワークショップ, 参加型
  • precogの業務|アクセシビリティ/バリアフリー対応, 広報・PR, 教育普及, 票券/客席デザイン
  • 表現分野|映像, 演劇, 美術, 音楽
  • 開催年|2021

プロジェクト概要

令和2年の『文化庁収益力強化事業』に採択され、文化庁からの受託プロジェクトとしてはじまったTHEATRE for ALL。障害当事者やそのサポートをされる団体・個人へのリサーチやインタビューを重ね、世界初のアクセシビリティに特化したオンライン劇場を開設した。演劇、ダンス、映画、メディア芸術を中心とした作品映像の配信に加え、各作品をより理解し深く味わうためのラーニングプログラム開発、障害当事者をパートナーとしてリサーチやコミュニティ活動を行うTHEATRE for ALL LAB開設などを通じて、これまで劇場にアクセスしづらかった顧客層に対してアクセシビリティを高めていくためのしくみづくりを行ってきました。
 

◼︎precogの業務
作品のオンライン配信, アクセシビリティ/バリアフリー制作, 広報・PR, 教育普及, 票券/客席デザイン

◼︎プロジェクト期間
2020年9月〜

◼︎プロジェクト体制
企画制作:株式会社precog

◼︎関連リンク
【公式サイト】
THEATRE for ALL:https://theatreforall.net/
THEATRE for ALL LAB:https://syueki9.bunka.go.jp/
【SNS】
facebook:https://www.facebook.com/THEATREforALLproject/
Twitter:https://twitter.com/THEATRE_for_ALL
Instgram:https://www.instagram.com/theatre_for_all/
note:https://note.com/theatre_for_all
Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCzsRCarBK3EYXk9GZXLTL-g

サービス概要

◼︎THEATRE for ALL

日本で初めて演劇・ダンス・映画・メディア芸術を対象に、日本語字幕、音声ガイド、手話通訳、多言語対応などを施したオンライン劇場。2月5日のサービス開始以降、3月まででオリジナル作品を含む映像作品約30作品、ラーニングプログラム約30本を配信。新型コロナウイルスで外出困難となった方、障害や疾患がある方、子ども、母語が日本語以外の方、また、芸術に対して「困難さ」がバリアとなり馴染んでこられなかった方などに対して、開かれた劇場を目指し、これからもアップデートされていく予定です。

▷ THEATRE for ALL

◼︎THEATRE for ALL ラーニング

独自メソッドによるTHEATRE for ALLラーニングでは、作品を感じる視点を育てる解説動画『2つのQ』とアーティストの表現や対話型鑑賞などの手法を生かした参加型ワークショップの大きく2種類のオリジナルプログラムを、多言語字幕や手話などのアクセシビリティ対応付きで提供。思考力や対話力が育まれ、新しい創造的チャレンジが生まれるような学びの場をつくりました。

▷ THEATRE for ALL ラーニング

◼︎THEATRE for ALL LAB

THEATRE for ALL LABは、演劇、ダンス、映画、メディア芸術など、アートと多様な人々を結ぶ活動に加え、身体や言語、環境などが異なる人々同士のコミュニケーションについて、思考し議論していくためのリサーチや場づくりを行っています。「違う」ことを前提にした対話の中でこそ生まれる、豊かな視点や新しいアイデア。それらをたくさんの人と共有し合い、社会に実装していくことを目指します。

▷ THEATRE for ALL LAB

プロセス

◼︎事業設計のためのデザインリサーチとビジネスモデル設計

「そもそも、バリアフリーな動画配信とはなんだろう?」障害当事者やそのサポートをする団体、日本語以外の言葉を母国語とする方へのインタビューリサーチによってニーズを把握し、ターゲット像を構築、サービス設計を行いました。

◼︎作品の公募

バリアフリーの情報保障を施した作品制作やラーニングプログラム実施に取り組み、バリアフリー型の動画配信サービスで公開する映像・作品・番組を公募しました。

▷ 【公募】バリアフリー型の動画配信プラットフォーム事業

◼︎バリアフリー作品制作、ラーニングプログラムの企画・制作

各作品にバリアフリー対応(音声ガイド、バリアフリー字幕、手話通訳、アーティスト独自のバリアフリーの取り組み等)や多言語対応を行っています。作品ごとにアーティストや制作会社と相談しながらアクセシビリティ対応を検討し、これまで鑑賞機会のなかった視聴者に作品を届けられるよう、試行錯誤しつつ制作しています。2021年3月までに、オリジナル作品を含む映像作品約30作品、ラーニングプログラム約30本を公開予定です。

◼︎オンライン動画配信サービスの企画・制作・運営

リサーチ結果を元に、ロゴ、ビジュアル、言葉づくり、WEBサイトなどの情報設計、デザインを実行。デザイナー、WEB制作パートナー、障害当事者によるアクセシビリティチェックの会社との協働の元、サービスを構築していきました。メディアタイアップやインフルエンサー施策に加え、障害当事者団体や多言語の話者との関係づくり、ネットワーキングを行い、これまで劇場にアクセスしづらかった障害当事者含む顧客にアプローチしました。

◼︎事業としての効果測定

本事業に関わった事業実施団体、視聴者へのアンケートやインタビュー等の調査、サービスの顧客分析等を行い、本事業に関わったステークホルダーにフィードバックするとともに、オンライン劇場を育てていくために活用していきます。

今後の展望

作品のラインナップを充実させ、視聴会員を集めながら、動画配信サービスとして事業運営を継続します。また、本事業の知見を生かしたコーディネーション事業を展開します。

本事業は、配信作品の制作会社、障害当事者やそのサポートをされている方、マイノリティと文化芸術を繋ぐ活動をされている方との協働によって実現しました。今後さらに事業を発展させ、パフォーミングアーツのアクセシビリティを高めていきます。

◼︎新たなるバリアフリー事業の協働パートナー模索

・ワークショップや作品制作などで協働できる当事者団体や個人とのネットワーク構築

◼︎配信作品の募集・バリアフリー対応の普及推進

・動画配信サイトで作品を配信したい制作会社やアーティストを開拓します。
・既存のバリアフリー動画を持っている制作会社や、新たに製作予定の事業者を常時募集します。また、共同でバリアフリー作品の制作を行い、ユーザー調査と配信までを請け負う事業を実施します。

◼︎アクセシビリティやバリアフリーのコーディネーション事業

・公演やイベントのアクセシビリティ対応コンサルティング
・オンライン配信イベント、映像作品のアクセシビリティ対応コンサルティング
・障害当事者と共同して実施する、ワークショップや教育プログラムの開発・運営
・障害当事者などに対する、各種リサーチやユーザーモニタリング

◼︎アートラーニングの学校や企業、施設導入のためのコーディネーション事業

・企業の人材育成やオリエンテーションの一環として、または学校のプログラムとして、ラーニングプログラムをカスタマイズ
・各施設や学校での対話型鑑賞の出張ワークショップ
・アーティストとプロジェクトを作る創作発表会

作品やサービスへのアクセシビリティを高めることは、障害当事者や日本語が母国語ではない方、などに対して回路を開くのみではなく、誰にとってもこれまで気づかなかった世界の見え方をおしえてくれるものだと私たちは考えています。

広報制作物

メディア掲載情報

プレスリリース

関連@オンライン

クレジット

主催:文化庁 令和2年度戦略的芸術文化創造推進事業『文化芸術収益強化事業』バリアフリー型の動画配信プラットフォーム事業、株式会社precog