神里雄大

1982年、ペルー共和国リマ市生まれ。作家、舞台演出家。2006年『しっぽをつかまれた欲望』(作:パブロ=ピカソ)で利賀演出家コンクール最優秀演出家賞受賞。2018年『バルパライソの長い坂をくだる話』で第62回岸田國士戯曲賞を受賞。各地を訪問し採集したエピソードを元に、移動し越境する人々をテーマにした作品を発表している。
近年は文芸誌「新潮」に戯曲が掲載され、ソウル、香港、台北、ニューヨーク、ロンドンなどで翻訳戯曲が上演(リーディングを含む)されるなど、その作家性に注目を集めている。『亡命球児』(「新潮」2013年6月号掲載)によって、小説家としてもデビュー。
2016年10月より、文化庁新進芸術家海外研修制度研修員としてアルゼンチン・ブエノスアイレスに1年間滞在した。2011年度〜2016年度公益財団法人セゾン文化財団ジュニア・フェロー。

受賞歴
2006年 『しっぽをつかまれた欲望』第7回利賀演出家コンクール最優秀賞演出家賞受賞
2017年 『バルパライソの長い坂をくだる話』第62回岸田國士戯曲賞受賞作品(「KYOTO EXPERIMENT2017」主催プログラム作品)

出版物
2018 戯曲集『バルパライソの長い坂をくだる話』(白水社)

SNS
Twitter:https://twitter.com/kamisatoy
note:https://note.com/kamisatoy
Instagram: https://www.instagram.com/okazaki.art.theatre/
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCA83kAD-O8s-1E3x22BrlbQ